インドネシア進出・撤退

バリサポートは、インドネシア進出・撤退法人様のご相談もお受付け致します。

はじめに

 インドネシアでなくとも海外進出においては、誰(インドネシア人)と組むかが最重要となります。私共の実体験の失敗や成功、実際に見てきた失敗や成功を基に、貴社の失敗しない海外進出をご支援させて頂きます。また、撤退をご予定されている企業様へのご支援(買取り・労使問題等)もご相談下さい。
※インドネシアでは、人材の確保と電力の確保ができれば、半分成功したようなものです。


インドネシア進出について

 インドネシアは、空前のバブル真っ只中であるということは、ご存じのことでしょう。それ故に進出した方が良い企業(業種)と、進出してはいけない企業(業種)があります。
視察を重ねて進出を決断された企業、これから視察される企業があると思いますが、一番重要なことは、労働力の確保だと考えます。インドネシア人と言っても、出身地域で性格や教育、宗教観が違います。又、日本人スタッフを現地採用するのか、日本国内に社員を転勤という形にするのかも大事な選択になります。ご承知のとおり、日本と海外との価値観やモラル、或いは、コンプライアンスは相当の温度差があり、ビズネスベースの話以前に、大きなリスクを想定しなければなりません。現地パートナー企業がある場合、そのパートナー企業の調査も欠かすことはできません。いきなり契約を反故にされるというようなことは、日常茶飯事です。
又、インドネシアは裏金社会と言われていますが、この裏金も、渡すところ(人)を間違うと、とんでもない結果が待っています。それを間違い、現在インドネシア当局に拘留中の日本人も多数おられます。裏金にも渡し方、金額、お金の流れというルールが存在するのです。できる限り使わないことも大切なルールです。詳しくは個別にご相談下さい。